飲食店様へのご提案

 厚生労働省発表の「食中毒統計資料※1」によると、全食中毒事例を原因施設別に集計すると、昭和55年~平成17年まで飲食店の占める割合が20%~35%程度だったのが、平成18年以降は60%を占める程になってきており、飲食店に対する食中毒防止対策が急務となってきている状況です。

 そんな中、平成30年6月13日に食品衛生法等の一部を改正する法律が公布され、原則として すべての食品等事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組んでいかなければならない状況になりました。そして、この度令和2年6月1日から改正食品衛生法が施行され、HACCPに沿った衛生管理に取り組むことが義務となりました。1年間の猶予がありますので、期日は令和3年5月31日までとなります。

 飲食店の皆様も、当然ながら「HACCPに沿った衛生管理」に取り組む必要があり、それこそが、飲食店における食中毒の発生を減少させる対策となるものと考えます。以下のサイト(※2)に、小規模な一般飲食店向けの手引書が掲載されております。

 最低限の取組として、サイト内で紹介されている手引書を見ながら、必要書類を作成し、日々の記録を残していく、というのが皆様が行わなければならない作業となります。そんな中で、作業の進め方、書類のまとめ方等に不安を感じましたら、当社へご一報下されば、どのような悩みにでもお応えし一緒に作成する作業をお手伝い致します。先ずは、当サイト内の「お問い合わせ」から、メールをくださるか、下記にてご案内しております無料相談からご連絡下さい。さぁ、「HACCPに沿った衛生管理」の第一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

※1.食中毒統計資料

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/04.html

※2.HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00003.html

HACCP関連ブログ社長ブログ内のHACCPに関連するブログ記事

ブログ一覧へ