業務のご案内

 2018年6月13日、食品衛生法等の一部を改正する法律が公布され、いよいよ食品関連事業者の衛生管理の中に、HACCPの考え方が求められる時代に突入してきました。従来の認証制度の中での任意の取り組みではなく、制度化の仕組みの中で取り組まなければ営業や製造ができない時代となっていきます。ただ、今回のHACCPの制度化は、食品関連事業者が取り組まなければならないふたつの事柄が明らかになったと考えられます。すなわち、本来条例のもとにおいて取り組まなければならなかった一般衛生管理の見直しと再構築、それと製造及び調理工程を管理する際にHACCPの考え方を取り入れていくということであります。そのような情勢の中、大規模な工場から、個店レベルの飲食店、販売店までが対象となる今後に、これまで培ってきた当社の経験と知識が、皆様のお役にたつものと考えます。

 かたや、国の食料・農業・農村基本計画や、日本再興戦略における農林水産物・食品の輸出促進等により需要の拡大を目指していく中、これまではHACCPを中心とした施策が打ち立てられてきましたが、今回の制度化によりHACCPがスタンダードになることで、更に高度なマネジメントステムが要求されてまいります。このように激変していく食品の安心・安全に対する管理の要求に対して、迷いや疑問、更には積極的に取り組んでいこうとする中で、当社を思い出していただき、お声かけしていただければ幸いかと思います。

 具体的な業務内容は以下に示す通りではありますが、いずれの業務に対しても、当社の経営理念でもありますお客様第一主義で、社員一同、誠心誠意皆様の声に耳を傾けてまいります。

主要業務のご案内

衛生管理計画の作成を目的とした業務:HACCP制度化のお手伝い

  • 一般衛生管理に基づくマニュアル・手順書作成の支援
  • 現状の現場での作業の確認を行いつつ、実効性のある作業手順書の作成をお手伝いいたします。

  • HACCP計画及びHACCPの考え方を取り入れた工程管理の作成のお手伝い

現場の環境改善のための環境調査を目的にした業務

  • 拭き取り検査
  • 調理・製造環境を綿棒で拭き取り、そこにいる細菌を調査します。

    調理・製造中の二次汚染や、清掃・洗浄の状態の確認にご利用ください。

  • 落下菌測定
  • 製造環境中の落下菌を調べます。

    調理・製造中の二次汚染の確認にご利用ください。

  • ATP測定による器具・施設の洗浄確認
  • 残存する汚れをATPとして測定し、洗浄・清掃の状況を調べます。

  • 製造環境内の衛生点検
  • 5Sを中心とした観点から現場の状況を確認し、問題点の指摘、改善、提案等を行います。

従業員の衛生管理を目的にした業務

  • 手洗いチェッカーによる手洗いの指導
  • 手洗いチェッカーを用い、手洗い後の汚れの残り具合を目で確かめながら手洗いの指導を行います。

  • 検便
  • 委託する臨床検査会社への取次ぎを行います。

  • 衛生講習会
  • 状況・目的に応じて、話の内容を組み立てます。

    一般的な衛生管理や現場に対応した話など、いろいろご相談ください。

食品の製造、及び販売に関する管理を目的にした業務

  • 食材検査
  • 調理されたおかず、原材料などの細菌数、食中毒菌の有無を調べます。

  • 保存試験
  • 食材を一定の温度下で保存後に、細菌数を調べます。

    賞味期限の設定や食材の管理基準の設定などにご利用ください。

  • ラベルの確認、規格書の確認
  • 規格書の記載内容の確認などをはじめ、一括表示ラベルの作成・確認等のお手伝をいたします。

  • 栄養成分分析及び栄養成分計算
  • 表示法の改正により、加工食品は栄養成分の表示が義務化されました。
    分析又は計算で対応いたしますので、ご相談ください。

クレーム処理や異物鑑定を目的にした業務

  • 万が一起こってしまった変敗等のクレームの原因追跡、異物の鑑定などを行います。
  • まずは、ご相談ください。

商品開発に伴う分析や賞味期限設定を目的にした業務

上記、検査業務以外にも、理化学検査(一部外注)のデータなどを用いて、商品開発のお手伝いをいたします。

検査項目(細菌検査)

一般生菌数、大腸菌群、糞便性大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ属菌、腸炎ビブリオ、乳酸菌種、真菌類、病原性大腸菌O157など

以上、当社にて検査実施